大阪大学のスタートアップ起業家を紹介(2010年以降起業)

最終更新日

2010年以降に起業した阪大出身のスタートアップ起業家を今回は調べました。

大阪大学出身のスタートアップ起業家

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ 田島聡一

株式会社ジェネシア・ベンチャーズは、ベンチャーキャピタル事業を手がける企業です。

主にアジアの革新的なデジタルビジネスを手がけるスタートアップ企業に対して、投資と経営支援を行っています。

2020年11月時点では、計89社のスタートアップに投資を行うなど、注目を集めています。

代表取締役の田島聡一さんは大阪大学工学部出身で、2016年に同社を設立しました。

スタートアップへの投資と支援を積極的に行い、全ての人に豊かさと機会をもたらす社会を実現したいという思いで、事業に取り組んでいます。

産業創造を担う全てのステークホルダーを巻き込んで、人、情報、テクノロジーを活用するハブとなり、次の世代の持続的な産業を生み出すプラットフォームを目指しています。

同社はデジタル・トランスフォーメーション(DX)、ニューエコノミー、メディア・エンターテインメントといった領域への投資を目的に、2017年には40億円、2020年には80億円を集めた実績があります。

twitter

株式会社スタートアウツ 板本拓也

株式会社スタートアウツは、エンジニアに特化した求人サービス「Hitch (ヒッチ)」の提供、エンジニア向けのブログ「Hitch blog」の配信、動画・画像のバイラルメディア「Whats」の運営、分散型の料理動画メディア「もぐー (mogoo)」の運営などを手がける企業です。

「Whats」は、人々がいまだ気付いていないが、価値あるコンテンツを届けるということをコンセプトに作られた動画・画像のバイラルメディアです。

ローンチから4ヶ月で月間PVが1000万を超えるなど、注目を集めています。

「もぐー (mogoo)」はレシピを動画で分かりやすく紹介するアプリで、利用者数は毎月1000万人を超えていました。

代表取締役の板本拓也さんは大阪大学基礎工学部出身で、2013年に同社を設立しました。

人の生活に根付く、新しい価値のあるサービスを作りたいという思いで、事業に取り組んでいます。

同社は2018年にdely株式会社によって完全子会社化されました。

子会社化に伴い、dely株式会社が手がけるレシピ動画サービス「クラシル」と「もぐー (mogoo)」はサービス統合しました。

2016年にはアドウェイズ、みずほキャピタル、East Venturesなどから資金調達をした実績があります。

株式会社Traimmu 佐野貴之

株式会社Traimmuは、学生向けwebメディア「co-media」の運営、学生向けキャリアプラットホーム「Infra」の運営、ハイクラス層学生向けのインターンシップ情報サービス「YouGrow」などを手がける企業です。

メイン事業である「co-media」は、月間15万人が読む学生向けwebメディアです。

学生の視野を広げるため、幅広い分野で活躍している学生を紹介しており、注目を集めています。

Co-Founderの佐野貴之さんは大阪大学工学部出身で、2015年にCEOの高橋慶治さんとともに同社を設立しました。

CEOの高橋慶治さんも大阪大学経済学部出身で、佐野貴之さんの後輩です。

サービスの提供を通して、若者の価値を最大化したいという思いで、事業に取り組んでいます。

同社は2016年に、投資家の伊藤将雄氏などから4000万円の資金調達をした実績があります。

note株式会社 加藤貞顕

note株式会社は、デジタルコンテンツの企画、制作、配信を手がけ、メディアプラットフォーム「note」を運営する企業です。

メイン事業である「note」は、クリエイターが思い思いのコンテンツを発表するためのメディアプラットフォームです。

芸能人やインフルエンサーも利用しており、近年注目を集めています。

代表取締役CEOの加藤貞顕さんは大阪大学大学院経済学研究科出身で、2011年に同社を設立しました。

誰もが創作をはじめ、続けられるようにしたいという思いで、事業に取り組んでいます。

直近の通期純利益はマイナスになっていますが、総資産は10億3624万円です。

同社は2018年に日本経済新聞社などから4億円の資金調達をした実績があります。

リンカーズ株式会社 前田佳宏

リンカーズ株式会社は、ビジネスマッチング事業やリサーチ事業を手がける企業です。

メイン事業である「Linkers Sourcing」は、全国の産業コーディネーター及び中小企業ネットワークやリンカーズの独自データベースを使い、企業の技術課題を解決する最適な技術パートナーを探索するサービスです。

他にも企業の技術、製品、サービスとクライアントを繋ぐ「Linkers Marketing」、金融機関のビジネスマッチングをサポートする「Linkers for BANK」、グローバルな専門家ネットワークと独自のリサーチテクノロジーを使って技術動向の調査をする「Linkers Research」など多くのサービスを展開しており、注目を集めています。

代表取締役社長の前田佳宏さんは大阪大学工学部出身で、2012年に同社を設立しました。

企業と企業の出会いのあり方を見直すことで、従来の閉鎖的な産業構造では成し得なかった最適な出会いを提供したいという思いで、事業に取り組んでいます。

2020年度の通期売上高は11億5286万円で、純利益は2億9202万円になっています。

同社は2020年に7.5億円の資金調達をした実績があります。

Yoyo holdings Pte Ltd 深田洋輔

Yoyo holdings Pte Ltdは、東南アジアでリワード・プラットフォームを手がける企業です。

アジアで展開する「POP SLIDE」は、プリペイド携帯電話の通信料金を報酬としたロックスクリーン・リワードアプリです。

スマートフォンのロック画面に広告や動画が表示され、クリックするとポイントがたまり、ポイントをパケットと交換すれば、無料でインターネットを利用できるため、注目されています。

CEOの深田洋輔さんは大阪大学工学部出身で、2012年に同社を設立しました。

テクノロジーを通して貧困問題を解決したいという思いで、事業に取り組んでいます。

同社は2014年にグリーベンチャーズ、サイバーエージェントベンチャーズ、インキュベイトファンドから1.3億円の資金を調達した実績があります。

ProjectF株式会社 大東めぐみ

ProjectF株式会社は、女性起業家育成プログラム「Project F」や、女性のためのキャリアアッププログラム「ウーマリア」を手がける企業です。

メイン事業である「Project F」は、女性の新しい働きかたを創造するためのゼロから始められる起業家育成プログラムです。

起業に関する実践的な講義をはじめ、メンタルコーチングを取り入れたマインドの強化、そして起業仲間とのネットワークづくりを叶える場を提供しており、女性の社会進出が進む現代において注目を集めています。

代表取締役の大東めぐみさんは大阪大学薬学部出身で、2017年に同社を設立しました。

社会と繋がり、貢献していきたいと考える女性がビジネス力をつけ、自立して自由に生きていくことができるように起業支援をしたいという思いで、事業に取り組んでいます。

大東めぐみさんは香港に住んでいた際にアフィリエイトで起業し、その後同社を立ち上げました。

子育てと仕事を両立させており、多くの女性に支持されています。

ログミー株式会社 川原崎晋裕

ログミー株式会社は、デジタルメディア事業、ITコンサルティング、Webサイトの企画・制作・運営などを手がける起業です。

メイン事業である「ログミー」は、優れたスピーチや対談、記者会見などを全文書き起こしてログ化し、価値ある情報をより多くの人に届けるためのサービスです。

情報が溢れる現代社会において、ログすることが重要視されるようになり、注目を集めています。

また、AI・ブロックチェーンなどの最先端のテクノロジーから、プログラミング、UI/UXなどエンジニアのスキル・キャリアアップに役立つ情報を提供する「ログミーテック」も運営しています。

代表取締役の川原崎晋裕さんは大阪大学経済学部出身で、2013年に同社を設立しました。

価値ある情報を発信する人やコミュニティを尊重し、その活動を支援したいという思いで、事業に取り組んでいます。

直近の通期純利益はマイナスになっていますが、総資産は9913万円です。

株式会社LastRoots 小林慎和

株式会社LastRootsは、日本発の暗号資産「c0ban」の開発・運営を手がける企業です。

暗号資産c0banを扱う暗号資産取引所として、c0ban取引所を運営しています。

c0ban取引所は、c0banと円の取引が可能な日本で唯一の暗号資産取引所及び販売所です。

暗号資産ビジネスの新たな領域を切り拓いたサービスを展開しており、暗号資産ブームによって注目されています。

代表取締役の小林慎和さんは大阪大学大学院出身で、2016年に同社を設立しました。

ブロックチェーン事業で日本発の革命を巻き起こしたいという思いで、事業に取り組んでいます。

直近の通期純利益はマイナスとなっていますが、総資産は21億5171万円です。

同社は2021年より「エクシア・デジタル・アセット株式会社」に社名変更し、経営体制が変わっています。

株式会社リモハブ 谷口達典

株式会社リモハブは、遠隔医療サービスを手がける企業です。

医療者はその日の体調をビデオ通話で問診し、リハビリ中も生体情報を病院側からモニタリングすることができる画期的なサービスを展開しています。

オンライン管理型心臓リハビリシステムなどを開発しており、新型コロナウイルスの流行によってあらゆるサービスがオンライン化する現代において、注目を集めています。

代表取締役CEOの谷口達典さんは大阪大学医学部出身で、2017年に同社を設立しました。

高齢の患者が通院するのが難しいため、オンラインでも診察できる環境を整え、一人でも多くの人を救いたいという思いで、事業に取り組んでいます。

直近の通期純利益はマイナスになっていますが、総資産は3億973万円です。

同社は2020年に3億5000万円の資金調達をした実績があります。

株式会社New Innovations 中尾渓人

株式会社New Innovationsは、「rootC」「OMO solution」「DX Acceralation」という3つのテクノロジーを駆使した事業を手がける企業です。

メイン事業である「rootC」は、アプリから注文し、行く時刻に合わせて淹れられたスペシャルティコーヒーをロッカーから受け取ることができるサービスです。

いつでも思い立った時に、職場のすぐそばでバリエーションに富んだ本当においしいコーヒーを飲むことができるため、注目されています。

代表取締役CEOの中尾渓人さんは大阪大学工学部出身で、2018年に同社を設立しました。

サプライヤーの問題と生活者の現状を理解し、その両者をテクノロジーで繋げたいという思いで、事業に取り組んでいます。

同社は2020年に1億7000万円の資金調達をした実績があります。

株式会社 Flucle 三田弘道

株式会社 Flucleは、知識がなくても就業規則が作成できる労務管理クラウドサービス「HRbase」を手がける企業です。

「HRbase」は、情報共有、労務相談、規定作成という3つの厳選機能によって事務所運営をサポートするサービスです。

アフターコロナ時代の労務管理に最適で、注目されています。

代表取締役の三田弘道さんは大阪大学工学部出身で、2015年に同社を設立しました。

世の中の人が「働く」を起点にして、幸せになれる世の中を目指したいという思いで、事業に取り組んでいます。

同社の就業場所は基本的に自由で、集中して仕事を行うために3~4泊程度旅をしながら仕事をする「リトリート×仕事」を行っている社員もおり、最先端な働き方を実施しています。

株式会社 Traimmu 高橋 慶治

株式会社 Traimmuは若者向けのメディアを運営しています。運営メディアは主に2つ。

co-media [コメディア]・・・10代・20代の視野が広がるメディア

Infra・・・新卒・長期インターン向けメディア

特にInfraは最近伸びていますね!検索でもよく出てきます!

twitter

株式会社サクラエクスチェンジビットコイン 山本仁実

インタビュー記事

twitter

まとめ

大阪大学のスタートアップの人ってサイエンス・バイオ分野ではいるのですが、WEBサービスではあまりいない気が。。

ビジネスをするのにちょっと大学のキャンバスが遠い。

1990年まで大学が郊外に出る動きがありましたが、その流れを受けて郊外にあるのが辛いです。

文系は都心部に戻せないものでしょうか。

情報提供のお願い

他にも2010年以降起業の阪大出身起業家を知っているという方。情報提供をお願いします!