【関西のスタートアップを強力に支援!】大阪イノベーションハブ(OIH)とは?

【関西のスタートアップを強力に支援!】大阪イノベーションハブ(OIH)とは?

こちらの記事では、関西のスタートアップを強力に支援する団体、「大阪イノベーションハブ(OIH)」をご紹介していきます。

 

出典:大阪イノベーションハブ(OIH)公式サイト

大阪イノベーションハブ(OIH)について

大阪イノベーションハブ(OIH)は2013年にうめきた地区に大阪市が開設した、世界に挑戦する起業家や技術者が集まるイノベーション創出拠点です。

これから起業を目指す方、そしてスタートアップ企業を強力に支援してくれています。

最近Webサイトがリニューアルされ、より必要な情報にアクセスしやすい仕組みとなりました!

 

プレイヤーメンバーに登録すると、さまざまな支援が無料で受けられる

大阪イノベーションハブ(OIH)では、これから起業を目指す方やスタートアップに対してさまざまな支援を提供しています。

これから起業を目指す方やスタートアップ企業は「プレイヤーメンバー」への登録がおすすめです。

入会金や年会費が無料のOIHプレイヤーメンバーに登録すると、下記の特典を受けることができます。

年間イベント実施回数は150回、年間ピッチイベント実施回数は40回と(いずれも2020年実績)ひんぱんに開催されています。

 

シード期スタートアップの資金調達につながる機会も提供

大阪イノベーションハブ(OIH)では、シード期のスタートアップが事業を進めていく上で重要な資金調達の機会につながるイベントやアクセラレーションプログラムも提供しています。

特に、シード期におすすめの「OIH(大阪イノベーションハブ)シードアクセラレーションプログラム(OSAP)」では、過去12期の参加企業の中で多くのスタートアップが資金調達に成功しています。

起業家養成プログラム「OSAP」とは?出身者や応募条件などを詳しく解説!

 

また直近では、OSAP第2期に参加した株式会社Warranteeがアメリカでの上場を目指し、IPO申請書類を提出したというニュースも話題になりました。

「フリーインシュアランス」サービスを提供する株式会社Warranteeが、NASDAQにIPO申請書類を提出

 

ミドル~レイター期に必要な発展プロジェクトも開催

ミドル~レイター期に必要なプログラムとしては、大阪府スタートアップ発展支援プロジェクト「 RISING!」を提供しています。

大阪でのスタートアップ・エコシステムの構築と将来の大阪発のロールモデルとなる企業の発掘、成長支援のため、2019年からスタートしたプログラムです。

【6月30日締切】スタートアップ発展支援プロジェクトRISING!第3期募集中

 

まずは気軽に行ってみる&イベントに参加してみることがおすすめ!

大阪イノベーションハブ(OIH)では、下記のようなイベントが定期的に開催されています。

そして、イベントの多くは、参加や視聴が無料です。

 

また、大阪イノベーションハブ(OIH)の施設には平日に利用できるwi-fi完備のOIHスペース、自社製品やサービスを紹介できる展示スペースなどが完備されており、打合せや作業スペース、自社製品やサービスPRの場として活用できます。

まずは気軽に利用してみたり、イベントに参加してみたりすることで、これから起業したいと考えている方や、起業したばかりの方にとって何かしらの学びや気付き、出会いがあると思います!

 

大阪イノベーションハブ(OIH)詳細

【所在地】
 大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階

・JR「大阪駅」より徒歩7分
・Osaka Metro「梅田駅」より徒歩10分
・阪急「大阪梅田駅」より徒歩10分

【公式サイト】
https://www.innovation-osaka.jp/ja/